武蔵野グループ

採用情報

Musashino History
武蔵野グループの歩みについて

創業から現在に至る、武蔵野グループの挑戦の物語をご紹介します

History.1
創業以来、お客様と真摯に向き合い、
社会に必要とされる企業へ

  • 1967年、創業者で現会長の安田定明が「武蔵野商事」を設立。

    パン粉の製造販売を皮切りに米飯・調理パンの生産を始めます。
    以来、業界初のミミなしのサンドイッチや持ち帰り弁当、海苔を
    フィルムで包んだ手巻きおにぎりなど、私たちは常に時代をリードする
    魅力的な商品を開発してきました。

  • 1981年、国内大手コンビニエンスストアとの取引を開始。
    1983年、手巻きおにぎりの新商品 「シーチキン(現在のツナマヨの原点)」
    を開発。
    持ち前の商品開発力を活かし、国内有数の中食メーカーとして
    現在に至る基盤を固めています。
    1990年代には、「人が健康であるため、体と心の両方に栄養が必要」
    との想いからスポーツ事業へ進出。
    ゴルフ練習場・温浴施設へと事業の多角化を進め、
    2006年に「スパ&ホテル舞浜ユーラシア」を開業しました。

History.2
半世紀に渡る挑戦の歴史
混迷の時代にこそ、変化対応力は輝く

  • 2009年、武蔵野ホールディングスを設立。

    グループ全体の管理部門を統合し、人事制度を刷新しました。
    2011年に東日本大震災が発生した際は、全国の生産拠点と自前の流通網を活かし、いち早く被災地に食料支援を実施。

    また、2015年には基礎研究室が開設されました。 「おいしさ」 を数値化し、そのおいしさを活かした新商品開発につなげ、中食市場にイノベーションを生みだしています。

  • 2017年に創業50周年を迎えた私たちの歴史は、常に挑戦の連続でした。

    今後も武蔵野グループは 「食の安全」 と 「美味しさ」 を真摯に追求し、
    強固なサプライチェーンを構築しながら、市場ニーズの変化に迅速に対応します。
    「武蔵野は永遠に完成はない 社員の知恵と工夫がある限り 繁栄しつづける」
    この言葉を胸に刻み、武蔵野グループは「100年企業」を目指して、
    新たな歴史を築いてまいります。

この先の50年を見据えて進み続ける

History Data
武蔵野グループの歩み

1967
8月 安田会長が個人商店「武蔵野商事」を設立
1969
7月 創業 調理パン・サンドイッチを製造
12月 株式会社武蔵野フーズ(現・武蔵野)を設立
1970
4月 埼玉県志木市柏町に志木事業所を開設(米飯の生産開始)
10月 埼玉県所沢市に所沢事業所を開設(米飯・調理パンの生産開始)
1971
7月 ムサシノ食品㈱を設立(惣菜の生産開始)
1972
5月 埼玉県新座市に新座事業所を開設(米飯、調理パン工場)
1975
3月 埼玉県新座市新堀に清瀬事業所を開設(調理パン工場新設)
1976
4月 神奈川県横浜市港南区笹下に横浜事業所を開設(調理パン工場)
6月 福岡県福岡市博多区に㈱チロル(旧・福岡工場)を設立
11月 新座市野火止に埼玉事業所を開設(米飯の集約化)
12月 山崎製パン㈱と業務提携(販売先の限定)。それに伴い、第ー屋製パンなどとの取引終了
1977
9月 ㈱武蔵野商事(現・武蔵野フーズ)設立
㈱武蔵野商事配送センター(現・武蔵野ロジスティクス)設立
1978
3月 本店を埼玉県新座市新堀2丁目12番3号に移転
5月 ㈱武蔵野商事 埼玉県入間郡三芳町に三芳工場を開設本店移転
1980
7月 山崎製パン㈱と業務提携解消
1981
5月 セブン-イレブン・ジャパンとの取引開始
福島県郡山市に㈱サンフーズ(現・福島工場、栃木工場)を設立
郡山市および栃木県佐野市に事業所を開設
1982
6月 ㈱武蔵野商事 埼玉県比企郡小川町の製パン工場を買収し、小川工場の操業を開始
1983
3月 千葉県八千代市に千葉事業所を開設(調理パン、米飯工場)
1984
11月 ㈱武蔵野商事配送センター 埼玉県三芳町に物流センター開設。本店を志木市より同地に移転
1986
3月 神奈川県座間市に神奈川事業所を開設(調理パン、米飯工場)
6月 静岡県清水市にカムス㈱(現・静岡工場)を設立
1987
2月 埼玉県朝霞市に武蔵野ビル竣工
6月 群馬県玉村町に㈱サンフーズ群馬事業所(現・群馬工場)を開設(調理パン、米飯工場)
1989
11月 ㈱コヤマ・フーズ(現・埼玉麺工場)を買収し、麺類の分野に進出
1991
3月 福岡県山門郡瀬高町(現・みやま市)に瀬高冷凍麺工場を開設
神奈川県横浜市戸塚区に横浜第二工場および戸塚センターを開設
7月 千葉県佐倉市に千葉第二工場および八千代センターを開設
1992
4月 埼玉県朝霞市の武蔵野ビル増築(3階建てを6階建てに)、本社機能を移転
CI 導入により㈱武蔵野に商号を変更、シンボルマーク作成
カムス㈱を株式会社武蔵野東海に社名変更
7月 ㈱サンフーズを株式会社武蔵野東日本に社名変更
㈱チロルを株式会社武蔵野西日本に社名変更
宮城県多賀城市に㈱武蔵野東日本仙台工場を開設
10月 安田興産㈱(現・武蔵野スポーツ事業部)が新座市に首都圏最大級規模(280ヤード、149打席)のゴルフ練習場・ウィンズゴルフステーション新座を開業
1994
6月 ㈱武蔵野東日本が栃木第二工場を開設(調理パン工場)
8月 本店を新座市から朝霞市へ移転
9月 朝霞市に大型総合工場である埼玉工場を開設
1995
11月 ㈱武蔵野が、㈱武蔵野東海、㈱武蔵野東日本、㈱武蔵野西日本と合併、資本金1億399万円に増資
1996
3月 埼玉県入間郡三芳町にムサシノ食品㈱所沢工場を開設
4月 ムサシノ食品㈱から朝霞工場を買収し、埼玉第二工場(旧・朝霞工場)を開設
12月 兵庫県神戸市に神戸工場を開設
1997
4月 ㈱武蔵野商事 健康宅配事業開始
5月 ㈱武蔵野商事 比企郡嵐山町にカムス製パン工場(現・カムス第1工場)を開設、小川工場閉鎖
12月 兵庫県神戸市東灘区に神戸工場を開設、関西展開本格始動
1999
1月 ㈱武蔵野商事 ㈱武蔵野フーズへ商号変更
2000
7月 神奈川県横浜市金沢区に横浜工場を開設、横浜第一、第二工場を閉鎖
㈱コヤマ・フーズを吸収合併
2001
2月 ㈱武蔵野フーズ 埼玉県新座市に東京麺工場を開設
4月 ㈱アンコーポレーション(現・武蔵野スポーツ事業部)が神奈川県横浜市戸塚区に複合型リゾート施設「ウィンズLAJA」を開業(現・閉鎖)
2002
6月 千葉工場を開設、旧・千葉工場、千葉第二工場を閉鎖
㈱武蔵野フーズ ムサシノ食品㈱を吸収合併(ムサシノ食品部所沢工場になる)
2004
3月 大阪府東大阪市に大阪工場を開設
2005
3月 ㈱武蔵野フーズ 埼玉県比企郡嵐山町にカムス第2工場を開設
12月 ㈱武蔵野商事配送センター、㈱武蔵野ロジスティクスに商号変更
2006
9月 舞浜ユーラシア グランドオープン
神奈川県厚木市に神奈川工場を開設、旧・神奈川工場を閉鎖
2008
4月 ㈱アンコーポレーションを吸収合併し、スポーツ・レジャー事業部を新設
2009
3月 ㈱武蔵野ホールディングス設立
7月 ㈱アンコーポレーションがロイヤルメドウゴルフ倶楽部を開設
11月 ホテルユーラシア(舞浜ユーラシア新館)を開設
2010
3月 福岡県糟屋郡粕谷町に福岡工場を開設、旧・福岡工場を閉鎖
2012
11月 京都府八幡市に京都工場を開設
2014
3月 静岡県袋井市に東海工場を開設、生産開始
4月 ㈱静岡フーズを吸収合併
7月 埼玉県朝霞市に埼玉新工場を開設、朝霞工場での生産終了、新工場へ生産移行
2015
2月 朝霞市浜崎に武蔵野グループR&Dセンター(旧・朝霞工場)を開設
7月 ㈱武蔵野フーズ 兵庫県神戸市西区にカムス神戸工場を開設
2017
2月 埼玉県朝霞市に朝霞工場を開設
10月 群馬県高崎市に群馬工場を新設、旧・群馬工場を閉鎖
11月 プライムデイリーフーズ㈱の全株式を取得
12月 ㈱武蔵野沖縄を設立
2019
2月 ホテルユーラシア舞浜アネックスを開設
3月 京都工場の隣接地に増築棟を開設
6月 ㈱武蔵野沖縄が沖縄工場を開設
11月 リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオジャパンを開設
2020
1月 ㈱サンワフーズを吸収し、北九州工場を開設
2021
1月 埼玉県比企郡嵐山町にカムス第3工場を開設
12月 沖縄県北谷町にて、サンセットビーチホテル・コンドミニアムホテルモンパ・ココシャスモンパの運営を開始
2022
7月 ㈱武蔵野ロジスティクスが首都圏フローズンセンターを開設
9月 栃木第1・第2工場を閉鎖
10月 群馬県太田市に群馬フローズンファクトリーを開設
2023
3月 オーシャンリンクス宮古島の運営を開始

Recruit
採用情報

武蔵野グループは、ともに未来を切り拓く仲間を募集しています。